生活上不可欠で何気なく使っている手は、「触れる」「感じる」「つかむ(握る)」などの感覚や動作を、脳との密接な関係により行っています。そのために、昔から「手は第二の脳」と言われています。
あなたが頑張りすぎて手が疲れてくると(筋肉や腱が疲労すると)、脳からの信号をうまく受けることができなくなり、脳もストレスを受け、疲れていきます。

私たちの手の神経はとっても優秀であり、例えば文字を書いたり、パソコンのキーボードを打ったり、顔を洗ったり、物を掴んだりと様々なことを可能にしてくれています。
このように、生活上不可欠で何気なく使っているこの手は、「触れる」「感じる」「つかむ(握る)」などの感覚や動作を、脳との密接な関係により行っています。そのために、昔から「手は第二の脳」とも言われているんです。

脳の疲労は、自律神経の乱れ、そう鬱(うつ)、循環器機能の低下などの原因にも繋がり、特に自律神経の乱れはお肌の大敵になります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経が優位になると、胃腸の働きの低下や、血行不良、筋肉の緊張などを招きます。血行不良や筋肉の緊張が続くと、肌に栄養が行き渡らずに、肌のターンオーバーが乱れ、肌トラブル、しわ、シミの原因にもなります。

当店ではこの手のひらマッサージにも重点を置いて、オイルマッサージを実施しております。

LINE 友だち追加
大阪でマッサージ店探すならリフナビ